カテゴリー
K-POPニュース

韓国音楽事情を全く知らない日韓芸能ジャーナリスト

韓国マスコミのIZ*ONEアイズワン関連ニュース翻訳

BLACKPINK TWICEの新曲発売はアイズワン潰し? 日本の評論家の過度な飛躍

2019年4月3日 TOP STAR NEWS

4月1日2ndミニアルバム”HEART*IZ”を発売、本格的活動を再開したIZ*ONEアイズワンについての芸能記事が話題になっている。

4月2日ゲンダイデジタルは「韓流人気アイドルが続々新曲発売、IZ*ONEアイズワンが狙い?」というタイトルの記事を掲載した。

この記事は防弾少年団の所属事務所BIG HITエンターテインメントの営業利益の話題に続き、4月に新曲発売予定のアイドルについて

「1日IZ*ONEアイズワン、2日BOL4、5日BLACKPINK、12日防弾少年団が新曲を発売、4月下旬にはTWICEも新曲を発売する可能性が高い。ひと月の間に5グループの新曲発売が重なるのは異例の事」

と説明した。

これについて日韓芸能ジャーナリスト吉岡斗志氏は「新曲発売日を見ると理由が分かる。IZ*ONEアイズワン潰しではないのか」と推測した。

吉岡斗志氏によると「当初5月だった防弾少年団の新曲発売は4月に前倒し、3月発売予定だったBLACKPINKが4月に延期した。音楽番組は後から発売したほうが1位と取りやすい。IZ*ONEアイズワン潰しを狙った戦略」と主張した。

この記事を掲載したYAHOO JAPANでは「真偽はIZ*ONEアイズワンはそこまで警戒するような存在になったなら、天晴れと言ってあげたい」というコメントが最多の共感を集めた。

しかしこの記事には誤謬がある。

BLACKPINKの新曲発売が延期になった理由はBIGBANGスンリ事件のために発生したYGエンターテインメント内部の問題によるもので、IZ*ONEアイズワンを潰すためではない。

また防弾少年団は3月12日、TWICEは2月18日に新曲発売を発表した。

一方IZ*ONEアイズワンは3月18日に新曲発売を発表した。

このため他のグループがIZ*ONEアイズワンを潰すために新曲発売日を調整したという主張は信憑性が薄い。

日本の一部でこれほどIZ*ONEアイズワンの成績に神経を尖らせる理由は、IZ*ONEアイズワンが日韓共同グループのためと解釈できる。

しかし日本人メンバーが12人中3人しかいない点を勘案すると、気にし過ぎているように見える。

YAHOOJAPANの他のコメントは「いちいちうるさい」、「潰すなんてありえないと思う」など記事の論調に同意できないというものが多数だった。

IZ*ONEアイズワンの新曲”VIOLETA”は、韓国最大の音楽配信サイトMelonの3日午後1時のリアルタイムチャート19位までランクダウン、”VIOLETA”と同日発売のチェン”사월이 지나면 우리 헤어져요”と3日発売のBOL4″나만, 봄”が1位2位にランクインしているのとは対照的だ。

この記事は日本でもそれほど賛同を集められない事から、一部の評論家の詭弁として無視されるものと思われる。

(翻訳終わり)

BLACKPINKは

韓国のチャート集計は月曜日から始まり日曜日で終わる。

IZ*ONEアイズワンとBLACKPINKにはまだ大きな差があり、現状で同日発売すればBLACKPINKは100%IZ*ONEアイズワンを潰せる。

でもBALCKPINKはビルボードを意識して金曜日発売、いくらBLACKPINKでも3日間で7日分を売上げるのは厳しい。

しかも今週はファンが悪質な事で有名なEXOのメンバー、チェンが音楽配信チャートで予想外の大健闘を見せ、IZ*ONEアイズワンを潰すどころか自分が潰されそうな状況にある。

それに加えて所属事務所YGエンターテインメントの不祥事が悪影響を及ぼす可能性もある。

もしBLACKPINKが本気で「IZ*ONEアイズワンを潰したい、1位を取りたい」と思っているのであれば、同日発売して確実に潰しにくるはず。

だから金曜日発売を選択したということは「IZ*ONEアイズワン潰しも、音楽番組1位も狙っていない」と宣言したのと同じこと。

TOP STAR NEWSの記事の通りBLACKPINKは3月中旬に新曲発売を予定してたがBIGBANGスンリ事件によって延期、欧米ツアーが事実上4月12日から始まるので5日がタイムリミットだった。

YGエンターテインメントはIZ*ONEアイズワンのことなど全く考慮に入れなかった事は間違いない。

もう説明するまでもないが、発売3週目以降のIZ*ONEアイズワンは防弾少年団、TWICEの敵ではない。

音楽番組で1位を取る事の意味

韓国の音楽番組は視聴率1%程度の不人気番組で、出演料も数万円程度。さらに音楽番組ランキングはアイドルグループに極端に偏重したランキングで、ヒットソングの実態をあらわすようなものではない。

防弾少年団、TWICE、BLACKPINKクラスになると「金にならない、宣伝にならない、名誉にならない」番組に出演する意味はない。

それでも出演するのは、応援するグループに音楽番組で1位を取らせるために(不正行為までして)曲を購入してくれたファンへの感謝と、コンサートを兼ねたファンとの交流のため。

アイズワンの現在の人気

4月3日現在IZ*ONEアイズワンのセカンドミニアルバム”HAERT*IZ”のCD売上枚数は8万枚を超えた。

これはガールズグループ最多記録のTWICEの1stフルアルバム”Twicetagram”を上回るペースなんだけど、音楽配信売上があまり伸びない。

メディア露出度からすると異常なほどの伸び無さで、Googleトレンドが使えないのでNaverのニュース件数で比較すると

  • 防弾少年団 27,846件
  • TWICE 15,766件
  • IZ*ONE 15,561件
  • BLACKPINK 10,983件
  • (G)I-DLE 10,249件
  • ITZY 9,643件

このまま音楽配信売上が伸びなければ、例えCD売上でTWICEを上回ったとしても「ファンは多いがファン以外は誰も知らないアイドル(劣化版EXO)」「日本専用機(女版東方神起)」と呼ばれることになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です